サトシ 小説。

呼ばれているのは、多分サトシ達だろう。

隣で肩を 抱かれているサトシは「何だそれー」と笑っている。 56 50