同族 嫌悪 意味。

そうなると、結局序列の高いものが本当の自己に近いんじゃないだろうか、と思えてくる。

そして僕自身は、このようなペルソナとシャドウを相対化して、どうにか本当の自己なるものを見つけ出そうと探求している。

リードしてくれることと強引なことは、紙一重の差ですよね。

自分で気づけるようになるならば、自分の感情を修正するのが早くなり、同族嫌悪に振り回されることも少なくなっていくでしょう。

これは一緒に過ごす時間の長い家族に対して、自分の嫌な部分を見てしまい「同族嫌悪」に陥るというものです。

だって、別にそれって実害ないことなんだもん。

23
家族や親せきなどの血族、また同じような立場にいる人、似たような性格の人などが対象になります。 同じ分類に括られるひと同士は、話題も共通する面が多くて仲良くなれる要素があり、「類は友を呼ぶ」はそういう意味で理解出来るでしょう。 「同族嫌悪」の意味と使い方とは? 「同族嫌悪」の意味は「同じような人に嫌悪感を持つこと」 「同族嫌悪」とは、読んで字のごとく「同じような人に憎悪感を持つこと」を意味します。 これは、 同族嫌悪の対象が自分ととても似ているし、かつ全く逆でもあるという気持ち悪さから来るのだと考えられる。 大きなコンプレックスを抱えている可能性も高いので、一度自分の内面を深く掘り下げて、コンプレックスの原因を探してみてください。 これは顔が似ている親族にもよくおこる現象です。 なぜオタクの人たちは同族を嫌悪したり、攻撃したりするのでしょうか? 原因と思われるものを3つご紹介します。