ペロ 青酸カリ。

怖いですよね。 それは 『名探偵コナン』の「ペロッ……こ、これは、麻薬! 関連項目• ネット民の中には、麻薬を舐めるシーンを期待してみていただけに残念がっている人もちらほらいた模様。 「なぜがの味を知っているんだ?」とがを入れたくな場面であるため、時々にされることがある。 その他 などでよく用いられているが、強な苦味がある味で保管に注意が必要のため、に使う物にはあまり向いてない。 また「」に搭乗する隊員は出撃直前になると、軍医から青酸カリを手渡される。 これは、青酸カリ!」の元ネタ。 2gと言われていますが、良く病院で目にする7mm径錠剤1錠の量は0. 」 そう、本来のセリフは麻薬だったのだ。 このニュースに、ネット上では「大麻のニオイってわかるのかよ! あらゆる意味でコナン史に残るストーリーだ。 実はそれは誤りであり、この化合物の水溶液は強いアルカリ性であるため粘膜を激しく刺激し、さらには粘膜から吸収され、速やかに人体に影響を与え反応し死に至らしめる。 実は、本当にコナンが舐めていたのは青酸カリではなく「麻薬」です。
山椒とか、シビれる系の、あの「マー」だ。 麻酔ってシビれるだろ。 この場合、摂取した者の口からが出てくるので近づくのは大変危険である。 2021-05-31 00:40:22 新しく作成された記事• 19作目「名探偵コナン 業火の向日葵」• おそるべきは少年探偵のアグレッシブな行動力である。 。 もっと正確に言うならば、150~300mg口から摂取しただけで死んでしまいます。