真 の 実力 は ギリギリ まで 隠し てい よう と 思う。

」という小学生並みの煽りに対し、意外にもアリスは何も言い返せません。

次第にマロの悪ノリもエスカレートしていき……。

複数契約も可能とはいえ、 赤子のころにマイナー神(?)と契約してしまったユノには耳の痛い話なのでした。

力が強すぎてパワーを今まで抑えていたので主人公は無能者扱いされていて、学園に入学した所から話が進んで行くんですけど。

だが、生まれ持った強すぎる力の制御に精一杯でいつしか無能と呼ばれるようになる。

しかしこの日、ユノは生涯初めて「この力を誰かのために使ってみたい」と思うことになったのでした。

「真の実力は隠しておこう」そう覚悟を決めるユノだったが、ひょんな事から入学する事になった魔法騎士学園で自分と同じく無能と蔑まれる名の無き神と運命の出会いを果たす。

って感じで色々設定が今までに無い話で面白いし、主人公が今後どこまでパワーを開放して行くのか?なんか楽しみで、次巻も早く読みたいです. 神と契約してスキルを得る世界で、ユノは名のある騎士家の三男として生まれた。

顔を真っ赤にしていることからも彼女の想いは明らかなのですが、ユノとしてはアリスにまで迷惑をかけるわけにはいかず もとより両親への言いつけでこの学園に入学した彼は、最低限の義理だけは果たしたとばかりに 「潮時か……」と思い始めるのでした
だが、ユノはそれで満足だった 先程からユノに絡んでいた生徒・ マロも、悔しさに打ち震えるしかありません
そこで幸いにも、幼なじみの アリスが加勢してくれたのですが…… 内容は中々面白いです
「この子の笑顔が見たい」という、はたから見ればささいにして単純なキッカケ 無能のお前ごときがなぜこのエリート校に、と入学初日からクラスメイトに絡まれるユノ
先程からユノに絡んでいた生徒・マロも、悔しさに打ち震えるしかありません 「公爵家の御令嬢は騎士家のユノ君にお熱らしいぜぇ!
「公爵家の御令嬢は騎士家のユノ君にお熱らしいぜぇ! 【このレビューはネタバレを含みます】 絵が綺麗で見やすいですね どこぞの神だか知りませんが、その結果、彼は生まれて間もなく膨大な力を授かることになります
89