ルリ イトトンボ。

英名はNorthern Bluetという北国らしい名で、外見は日本のルリイトトンボとよく似ている ルリイトトンボは基本体全体がキレイな青色をしていますが、雌と雄の違いだったり、同じルリイトトンボでも全体が青色ではないルリイトトンボもいます
参考文献 石田昇三ほか(1988)日本産トンボ幼虫・成虫検索図鑑、東海大学出版会 ルリイトトンボの生態と特徴 ルリイトトンボはトンボ目イトトンボ科です
最近発行された「日本のトンボ」と言う素晴らしいトンボの写真図鑑があり早速購入したので、さらに調べてみると、エゾイトトンボは北海道と日本海沿岸を能登半島まで分布しているようである 分布の概要 八幡平市、奥州市と雫石町 環境庁編、1980 から記録されており、滝沢市にも生息するものと思われる
北海道では平地の挺水植物が繁茂する池沼や湖などにほぼ普遍的に生息しているが、本州ではほとんどが標高の高い山岳地域の高冷な池沼に限ってみられる(石田ほか,1988) 青空とトンボチャレンジの攻略方法 1 虫を捕獲する 2 チャレンジ報酬を受け取る 3 1〜2を繰り返してミッションを進める 【1】虫を捕獲する イベントを進めるために、まずは「ポッカリ島」で虫を捕獲しよう
ルリイトトンボという名前がついたのは体全体にルリ色部分が多いためと言われています 伊藤修四郎ほか(1977)原色日本昆虫図鑑、下巻、保育社
特記事項 栗駒山からの記録は秋田県側であり、岩手県側からは未記録となっている 寒冷地池沼の指標種
ルリイトトンボというとほぼ全身青色をした体色が特徴です 昆虫図鑑 こんちゅうずかん:トンボ 目 もく 均翅不均翅亜目 きんしふきんしあもく ムカシトンボ亜目 ムカシトンボ科 Epiophlebia ムカシトンボ ムカシトンボ ムカシトンボ 動画 不均翅亜目 ふきんしあもく ムカシヤンマ科 Petaluridae ムカシヤンマ ムカシヤンマ ムカシヤンマ オニヤンマ科 Cordulegastridae オニヤンマ オニヤンマ オニヤンマ ヤンマ科 Aeshnidae ギンヤンマ Anax ギンヤンマ ギンヤンマ ギンヤンマ クロスジギンヤンマ リュウキュウ ギンヤンマ クロスジギンヤンマ オス クロスジギンヤンマ メス ルリボシヤンマ属 Aeshna オオルリボシヤンマ オオルリボシヤンマ ルリボシヤンマ ルリボシヤンマ属 ギンヤンマ オオルリボシヤンマ A. 井上清・谷幸三 2005 トンボのすべて、第2改定版、トンボ出版
今森光彦(2000)水辺の昆虫、山と渓谷社 【3】1〜2を繰り返してミッションを進める 「青空とトンボチャレンジ」をクリアするには、1〜2の工程を繰り返すだけでいい
本州・四国・九州から沖永良部島以北に分布する・・・・・・・・・・ホソミイトトンボ属 b. chyrisostigma モロッコ ショウジョウトンボ属 Crocothemis ショウジョウトンボ オス ショウジョウトンボ メス タイリク ショウジョウトンボ C. 体長は4㎝前後と小さいが肉食性で、小型のハエやカなどの昆虫を捕食する。 イトトンボは成虫、幼虫ともに肉食です。 kirbyi アカネ(アカトンボ 属 Sympetrum ミヤマアカネ ムツアカネ ナツアカネ アキアカネ キトンボ ネキトンボ コノシメトンボ ノシメトンボ リスアカネ マダラナニワトンボ ヒメアカネ(オス) ヒメアカネ(メス) マイコアカネ マユタテアカネ エゾアカネ ヒメトンボ属 Diplacodes ヒメトンボ ベニヒメトンボ D. 県内においても産地は局限され、古くから記録のある大野市下小池、刈込池のみが知られており、6月中旬から8月上旬にかけて記録されている。 黒い斑紋の出方は北方のものほど強く、基本出方は地域により異なります。 また、刈込池については入山者も多く、生息環境保全のためにも入山者へのマナーの啓発が必要である。 伊藤修四郎ほか(1977)原色日本昆虫図鑑、下巻、保育社。 バザーや風船から入手した貝は対象外 イベント「青空とトンボチャレンジ」では、バザーや風船から入手した虫はカウント対象外だ。
43