東方ヤンデレss 帰る。

オリ主物、基本ほのぼの系。 だが彼は、帰った大妖精におかえりと言うでもなくこう聞いてきた。 大妖精はそのリーダーであろう男を殺すと、誰もが見惚れるような笑みを浮かべた。 有名な作品です。 「お前は………お前は俺が知ってる大妖精じゃねぇ! 俺は霊夢のこの台詞を聞くと同時、突然に大妖精の能力を思い出して戦慄した。 地の文自体も一人称で描かれるので、主人公の穿った世界の見方が見れて面白いです。 だから絶対に幻想郷を出て俺を追ったりするな。 主人公は最初は村で村八分になりながらも暮らしていました。 ……魔理沙、ああ見えて結構乙女だから可愛いの…………本当に、食べちゃいたいくらい………大好き。 彼女は、自分がやったことは間違った事でもなんでもないと思っていたので彼に、自分が何をしてきたのかを詳細に語った。
『大妖精へ きっとこれを読んでいる頃俺は霊夢に頼んで外界に帰る準備をしていると思う
そして彼女は、所持していた幻想郷と外界を繋ぐ札を使うと幻想郷へと戻っていった ……あの幽閉時を思い出すと……………ああ………うああああああああああああああああああああああああ!……あ、ご、ごめん…ね?」• 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします
番外編、個別ルート、本編、「禁書」や「らきすた」等の他作品とのクロスオーバー物、他の方の頂き物なる三次ssを含めると軽く400話はいく超長編物です その目は自身に満ち溢れておりながら油断は一切存在しないことから、彼らが歴戦の猛者であることが伺える
何故ただ好きな人と居ることすら許されないのか Powered by Luilak. Good• 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する このSSは未登録ユーザーによる作品です
その度に、舞台に沿った原作のキャラ達は主人公を助けるのですが、尽く狂いだします 彼はそのあとに『いつものお前に戻ってくれよ…』と呟いていたが、その言葉は大妖精に届かなかった
高い文章力と不思議な感覚にさせてくれるお話 なおおすすめは「東方奇縁譚」と「生活の柄」です
彼は自分を否定する これにより彼は自分が外来人だということも、外界があることも思い出せない
60