ギャンブラー 哲也。

玄人ではないが相当な雀歴を持っているようで、雀力は高い。

ブラックジャック、キノ、スロットマシンからルーレットまで、カジノのありとあらゆるゲームをすべてをプレイしました。

麻雀打ちとしては三流以下だが、刑事という立場を利用して相手に刑務所送りをちらつかせ、玄人を思うままに操る厄介者。

ツェンリ・イ・ゴン/Zhenli Ye Gon メキシコの巨大化学会社の所有者であるチャイニーズメキシカンのツェンリは、薬物生産のための前駆物質をメキシコの医薬品カルテルに供給していると非難されています。

あだ名の由来は河原で太い大便をしていたことから 持っている本はの未完の遺作『』
時は経ち… ドサ健はラスベガスでディーラーをやっており、 トッププレイヤーとして活躍していました ケリー・パッカー/Kerry Packer オーストラリアのテレビネットワークと出版会社を所有している大富豪のケリーは、怖いもの無しのギャンブラーの1人として知られています
AT8連荘すれば絶景に移行 哲也やドサ健と卓を囲んだ男は 「二人が将棋や囲碁の棋士であれば、歴史に名を刻んだであろう」 と嘆き、 玄人は流れ星なのだと痛感するのでした
その直後、ダボ八は「食べ物をローズに使っていたと思っていたが、それならあめ玉とかにするよな」と突っ込んだ しかし、最終的にはあるカジノから数億円もの不渡り小切手によるギャンブル負債のため、訴えられてしまいました
再会したこの日は房州の命日でもあったのだ 哲也のことを、初対面時は「阿佐田」(アニメでは「坊や」)、後に「哲ちゃん」と呼ぶ
実際に、京都の伏見稲荷神社には『阿佐田哲也大神』が祀られている 久々に麻雀をするも房州は新宿で打っている頃よりも切れていた
ステージ 通常時のステージは4種類 哲也との勝負に負けたドサ健は『俺の代わりにアメリカに行ってくれ そして俺の代わりに勝ってくるんだ』と哲也に頼む
残りゲーム数までに規定ポイント獲得で 各ミッションをクリアできる 絵里香(えりか)、富美丸(とみまる) 紫水荘の芸者で、千明の姉貴分達
取立て厳しいカラス金の金貸しではあるが、ちまちました金にはこだわらず、哲也と印南の名勝負を見て印南の借金をチャラにした(元々、印南の勝ち分の足りない部分は見物料と言っている)男気ある一面も持っている(しかし、雀荘「東和」の店長との戦いでは負けたらダンチにヒロポンを打ちまくって死ぬまで働かすとも言っていたり、早智子が金を借りに来た際には「体を売ればいくらでも貸す」、「何かの犠牲無しに欲しいものが得られるほど世の中甘くない」と辛辣な発言もしている) しかし、彼をだますプレーヤーに負けたとき、彼は粉々になります
敗北後、哲也に「安全に遊びたいなら家でやれ」と捨て台詞を吐かれた スイカ・ハズレから移行するとCZ以上濃厚
50 51