保健 師 志望 動機。

実際には退職理由というのは、こういった消極的理由であることは事実なのですが、履歴書や面接試験は自分をアピールする場です。

私はこのような人たちの生活を豊かにしている御社のビジネスに大変魅力を感じております。

今、過労死問題などもクローズアップされており、そういった過労死や働き盛り世代の生活習慣病予防をしていきます。

母1人では大変そうだったので私も手伝うようになったのですが、慣れない介護は想像以上に大変で、毎日悪戦苦闘していました。

監修者プロフィール 吉川 智也(よしかわ・ともや) 1988年北海道生まれ。

NG例 父親が、鬱になって働けなくなったことから、産業保健師としてうつ病予防に取り組みたいと考えています。

こういった実務経験のない人は、「高齢者とのやり取りが好き」「話を聞くことが苦にならない」というのもPRになります。

面接官が見ているのは、自分の言葉で自然体で質疑応答ができているかどうかという点。

施設について知ることができれば、どんな人材を求めているのか把握することができ、働きたいと思った理由も具体的に伝えることができます。

その際、病院の場合は「貴院」、施設の場合は「貴施設」、社会福祉法人の場合は「貴法人」、一般企業の場合は「貴社」などと使い分けます こちらの病院は保健師としての職務経験が長い方がたくさん在籍しておられ、予防医学を学び実務経験を積むのにぴったりだと感じたので志望しました
病気を完全に予防することができるなら、多くの人がより健康でいることができ、医療は大幅に発展すると思います 私は保健師として社員さんをサポートすることで、うつ病はもちろん、その他の健康障害を予防したいと考えています
抽象的で何を言いたいかわからない志望動機も、当然採用担当者には響きません 「進学が理由だと円満に退職できる」ということもありました
合わせて読みたい• 今後のキャリアプランを面接官に伝えることで、「この人は将来設計ができる人だから、きっと仕事にも精を出してくれるだろう」と思ってもらえます 例:「約〇年間、整形外科病棟で看護師として働いていました
昨今の健康ブームから間違った健康への取り組みや意識を持っている人が増えているため、保健師の立場からそうした間違いを訂正し、正しい健康を伝えていきたいと思っています 精神科から介護施設へ転職する看護師さんの志望動機 高齢者の看護に興味があり、今まで療養病棟やデイサービスで経験を積んで参りました
またまったく違う職種から保健師を目指して勉強してきた方も少なくありません 結果、ある程度実務経験者の方が就職に有利なこともあります
行政保健師は公務員のため、休みが欲しいとか待遇がいいといった内容を志望動機に含まない方が無難です また、以下の点を意識して書いてみましょう
17