李 下 に 冠 を 正 さ ず 意味。

儒教では特に「礼節」が重んじられており、冠が曲がっているのは礼節を欠くことであるため、すぐに直すべきことでした。

その先生は、件(くだん)の生徒との話の中で、最後に上記の話をし、さらにお説教をたれた。

私は学生時代頑張ったことは学業です。

ちなみに・・・ 「李下不正冠」の最初の漢字を李と梨でそれぞれ検索してみたところ、 李…約2万件 梨…約9万件・・・!! と、梨のほうが圧倒的でした。

君子たるもの、人から疑われるような事は未然に防ぎ、 嫌疑を受けるようなところには、身を置かないものだ。

李下に冠を正さずと言うように、誤解を招く言動は慎まなければならない• We do not conduct any acts that may be suspected. 「李下の冠」とも。

「李下に冠を整さず」とも書きます。

67
翻訳するときに何か行き違いがあったものと思われます ここで収集されたものの一つである「君子行」は、作者不明の詩集で、音楽と一緒に語るものであったと言われています
どちらも、ウリやスモモを盗んでいると勘違いされないための用心です 李下に冠を正さずとは「 人から誤解を招くような行動をすべきでない」という意味になります
(広辞苑) 用例:「事あるごとに疑われて、かなわないよ」 「まぎらわしいマネをしない事だ このようにすることで、授業内容の概要をつかみ、内容把握につながりました
「整」のほうだと、ほとんどが中国語ページばかりひっかかるのです ちなみに最後は「この経験から~」を入れたほうよろしいですか? 入れるとしたどのような言葉がよろしいでしょうか?年始で忙しいと思いますが多くのご回答をよろしくお願いします
たとえ礼節を欠くとしても、誤解を招く行動をしないことを優先すべきとする「李下に冠を正さず」は、ビジネスにおける信用第一の行動の指針となる含蓄のあることわざだといえます 素朴な言葉で綴られてはいますが、その中には、役人・庶民を問わず、戒 (いまし)めとするべき警句が見られる事もあります
ここでは「経瓜田不納履 過李園不整冠」という漢文になっているため、「李下に冠を整さず」という書き方をする場合もあります まず、その日授業で何をするのか事前に調べ、その内容をインターネットで調べるなどして授業に出席しました