ら ライブドア ニュース。

4月23日 - 堀江貴文が最高裁判所に上告趣意書を提出。

は、国策捜査は「時代のけじめ」をつけるためにおこなわれると述べているが、実際、日本がに起因した長期不況にあえいでいたころ、堀江は規制緩和と過剰流動性という金余りを享受していた。

同年8月1日より、からの営業譲渡前より回線サービスなどの運営代行を行ってきた株式会社で継続して提供中 同社は付けで商号を「株式会社カーチス」に変更した
特捜部はトライン買収を立件しなかった理由を「金額が小さかったから」と出入りする社会部の記者に説明していたという なお、VCJにおける平成16年度の有価証券報告書はライブドア事件発覚後の平成18年7月3日に訂正報告書が提出され、同事業年度の連結経常利益が約2億2,479万9,000円から約108万円に訂正されている
また、同日ライブドアでも記者会見をおこない、山崎・羽田寛・熊谷が取締役を退任することに決めた 特捜部も、ライブドアのニッポン放送株大量取得以降、堀江について具体的に内偵を始めていたといわれる
東京地検特捜部はVLMA2号投資事業組合はライブドアファイナンスが実質的に支配しているファンドであり、ライブドアグループにすでに属しているにもかかわらず、その事実を公表しなかったと主張 また、「ライブドアは企業実態がない」、「虚業」、「なにをやっている会社かわからない」、「拝金主義者」などの批判的言論も飛び交った
ライブドア事件の捜査にはに出向していた斎藤隆博の存在も大きかったといわれている 財界の反応 [ ] 当時、会長のはライブドアの経団連入会に関して、マスコミの質問に答えるなかで「ミスった」などの発言があった
立件されなかった理由についてはを参照 マネーロンダリング疑惑 [ ] 特捜部と証券監視委員会は、堀江貴文らの1回目と2回目の逮捕の間、ライブドアのマネーロンダリング疑惑を躍起になって調べていた 「堀江さんを逮捕する材料があれば村上ファンド事件は起きなかった
アンケート作成サイト:livedoor リスログ• (平成20年)に終了 容疑1:偽計及び風説の流布容疑 [ ] 東京地検特捜部が指摘する容疑事実 [ ]• 関連会社 [ ]• さらに同13日、ライブドアはへ一時の選任を申し立てた
また一方で、同時期に約1,600億円の資本調達 および代表取締役社長が約145億円の持株売却をおこなっており、粉飾金額が高額でなくとも犯行結果は大きいとされている 2009年12月29日閲覧
86
『ヒルズ黙示録・最終章』 143-144・147頁• この訴訟は2009年1月22日に側がフジテレビへ約310億円の賠償金を支払うかたちで和解が成立している 弁護士のは、会社法などによりさまざまな規制が大幅緩和され、資源配分の効率などを市場にまかせるようになったのだから、その機能を阻害する行為に厳罰がくだされるようになったのは当然の流れだとのべている
」 ライブドア関係者はライブドア株の売却スキームは一つ一つは合法 でも、やり過ぎの面はあったと思うと述べている トライン買収 [ ] 人材派遣会社トラインは株式交換方式で買収されることになっていたがライブドア株はすぐにはトライン創業者の手に渡らなかった
『粉飾資本主義…エンロンとライブドア』 、2006年6月 家宅捜索の翌日に宮内亮治が中国のから急遽帰国する
となっている また、みずほ証券及び村上ファンドからは業務・手数料の形で貸し株に対するキックバックがあったことが明らかになっている
2007年3月26日閲覧 同様の主張は控訴審において弁護側からもおこなわれたが、『堀江被告らが犯罪にかかる行為に出たから捜査が開始されたのであって、まさに1審判決の「本件発覚後、株価が急落し」のとおりといい得る』としてしりぞけられている
宮内側は「判決内容には不満だが、早期の社会復帰を優先させたい」と上告を取り下げた理由を述べている が主流の経団連は時代遅れになるという危機感からライブドアを入会させようとしたに過ぎず、成長の原動力として利用してやろうという財界の目論見に反して金融テクニックを駆使して規模の拡大に邁進し、フジテレビの支配まで目論んだライブドアに財界は警戒感をつのらせていたとされる
64