フスコデ 成分。

22

使用にあたっては、持病や日常的に服用している薬・サプリメントなどについてきちんと医師に相談・報告したうえで、指示された用法・用量を守ってください。

18歳未満の重篤な肺疾患• フスコデは患者ごとに使用する錠数や量が異なり、比較的幅広い用量で用いられる薬のため、自分の処方された用量をしっかり確認して使用することが重要です。

・メチルエフェドリン:気管支を広げ呼吸を楽にします。

pdf。

・一般的な咳止め薬が効かない頑固な咳にもよい効果を示します。

メチルエフェドリン…気管支を拡張し、呼吸そのものを楽にする• 2).血液:血小板減少症[症状(異常)が認められた場合には投与を中止する]。

前立腺肥大• (慎重投与) 1.気管支喘息発作中の患者[気道分泌を妨げる恐れがある]。

このときのシグナルが脳に送られると、くしゃみをします。

また、経過の観察を十分に行う。

服用中は授乳を避けなければなりません。

78
生活上の注意• ・クロルフェニラミンマレイン酸塩:気管支平滑筋を収縮させる物質「ヒスタミン」の働きをおさえることで、気道が狭くなるのを防ぎ、咳を出にくくします。 なお、症状により適宜増減する• 本当ですか? A:かぜ薬のなかには、覚醒剤の原料であるエフェドリンや麻薬の成分であるリン酸ジヒドロコデイン、興奮作用をもつカフェインなどが含まれている場合があります。 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 このとき急に中止すると、吐き気や頭痛、不安感、震えなど反発的な症状がでることがあります。 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 鼻水や鼻炎症状などを抑える目的でも使用される成分であり、風邪などにおける鼻症状に対しても副次的な効果が期待できますが、眠気などの副作用が出やすいことが知られています。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• フスコデ配合錠にはジェネリック医薬品がありません。 フスコデは風邪を引いた時や肺炎、気管支炎など主に感染症での咳に対して使用される薬です。
26