鼠 先輩。

ただ一発屋というイメージが定着し、華々しい仕事は減りましたね」 ーースナックのオーナーでもありますが、なぜ東村山で開業した理由はなんですか。 「六本木~GIROPPON~」で大ブレイク 音楽活動は行っておりましたが、鳴かず飛ばずが続き、アルバイトなど数々の仕事をし続けていた鼠先輩。 (構成=編集部) 当時の記事を読む• 「東京で音楽の勉強をすることになった」 でも、当時の鼠先輩はただのフリーター。 鼠先輩 2008年にCD『六本木~GIROPPON~』で芸能界デビューした 鼠先輩。 中南米をバスで縦断したこともありますが、スペイン語やポルトガル語はまったく話せません。 飲食店の仕事は本当に大変ですね。
39
鼠先輩はデビュー当初から芸能プロダクション・芸映に所属。 虎狼の大義(2013年) - 翔仁会組員 山崎 CM [ ]• 鼠先輩」でCDをリリースしました。 3人とも鼠先輩が「憧れていたロックバンドのメンバー」だそうだが、なぜそんな名だたる彼らが鼠先輩とバンドを組むことにしたのか? それは、百年に一度と言われる不況の波が押し寄せる中、「今こそパンクが必要なんだと思う」と熱く語る鼠先輩の想いに賛同したことと、梶原徹也曰く「ヤツ(鼠先輩)の瞳がまだパンクキッズだったからだ」という。 初めのほうこそ怒られてたけど、大体は目をつぶってくれてたからね。 トレードマークのパンチパーマにサングラス、白スーツ姿は今も変わらない。
32

ありがちな一発屋芸人のストーリーかもしれないが、鼠先輩は「もともと芸能界に夢なんて抱いてなかった」と語る。

2010年3月 行き付けの定食屋のババアに芸能界復帰を懇願され、なんとなく復帰を考える様になる。

、ざ・岡田姉妹 feat. そのことにより、続々と仕事が入ってきたそうです。

今のお店には、彼は関わっていないんじゃないですかね」(同・バーの常連客) 『飲鼠』の閉店について鼠先輩に確認してみると、 「確かに、飲鼠は閉店しました」 とのこと。

35歳の時ですね」 ーー売れる勝算はあったんですか。

芸能界に復帰した後は、音楽活動を再開させます。

(2008年11月30日)• 鼠先輩の嫁とは~ 「六本木~」は奥さんとの恋物語から誕生 実は、鼠先輩が一発当てた 名曲「六本木~GIROPPON~」は、お嫁さんとのドラマティックなエピソードから誕生したことをご存知ですか? 話はさかのぼって…鼠先輩が高校を中退して、故郷岡山でアルバイト生活をしていた頃のことです。

「夏物語」• (2009年10月12日 - )• お金がなくてザリガニを食べていたという少年時代、何をやっても上手くいかず、上京したり、自分探しの旅で海外を放浪したりと人生の荒波を乗り越えてきた鼠先輩が、2009年は80年代の古き良き直球パンクロックで、今の社会に伝えたいメッセージを届ける。

また、鼠先輩は芸能界での闇営業の実態も暴露しており、事務所は暗黙の了解にしている上に、酷いところではマネージャーが事務所に黙って闇営業に加担してピンハネすることもあるようです。

現在は事務所に所属していないため、仕事の量は少なくなっていますが、収入なども安定していて家族を十分に養えているようです。

76