永久 機関。

とても、加熱した分のエネルギーを回収できる気がしません(もともと位置エネルギーの回収はけっこう難しいのです。

実験してみて小さすぎて難儀しました。

情報量が減る場合に、エネルギーが消失する(つまり、発熱する)のであり、情報量が増える場合にはその逆(つまり、吸熱)となる。

これまたあまりまともに考えられてはいないが、もしアーク放電が完全な正抵抗であったとすれば、放電は発熱する。

なぜ永久機関はできないのか このように、永久機関は不可能だと一般には認められていますし、多くの人たちがそう思っています。

車輪の左側にあるおもりと右側にあるおもりの数を比べると、左の方が多い。

この装置は永久機関の浮力式モーターとは違い、水槽に「鳥用給水器」の原理を使っており、ボールの入水面での水圧はゼロであるため、空中を落下したボールはその勢いで容易に水没し、その後水槽中を浮上する。