公爵 家 の メイド に 小説。

公爵家の人間が、子爵家で働き続ける必要はない。

大人だとバレたら殺される! と怯えていた私だけど、周囲の人は優しくしてくれる。 ディエゴとイベリナとの間にあった一件を知り、居てもたってもいられずにやってきたのです。 そんなメイドたちが投げ出してしまったシーツの洗濯を一人こなさなくてはならなくなったイベリナ。 リアンドロ「だからムカつくんだよ 僕が助けるべきだったのに」 ピッコマ「公爵家のメイドに憑依しました」 イベリナは瞬間移動でもすれば良かったとからかうと 得意そうに既に魔法スクロールを準備したと鼻を高くします。 早速リアンドロの部屋へと入るとそこには呪いに苦しむ不憫な12歳の少年がいました。
12