ピン g410 lst。

これ、謎です。 Grip Grip Size Description Golf Pride 360 Tour Velvet• 弾道の見た目的には「STD」となんら変わりがなく、正直「STD」と何が違うのって感じでした。 よりシャープに振れるようなイメージもありましたが、これも見た目からくる先入観ですかね。 ヘッド体積が450ccと大型化しているドライバーの体積から見ると少し小ぶりなのが特徴で、強弾道、低スピンが打てるこのドライバーは、前作のG400 LSTドライバーからどう進化を遂げているのか、試打してきました。 個人的にはG400は慣れたヘッドなので振れている感触だったものの、結果は G410LSTに軍配が上がります。 そして、ワッグルしただけで、シャフトのしっかり感が手に伝わってきます。 敏感なドライバーは、調子の良し悪しがハッキリと出るものですし、とんでもなく曲がるボールも簡単に出てしまいます。 素振り感覚ですが、確認しないと分からないくらい「STD」とほぼ同じイメージでした。 実際に打ってみると「STD」とほぼ同じような強弾道を味わえますね! 先代「SRETCH3」FWは、実はティアップしても打てる気がしなかったのですが、今回「G410 LST」はなんか打てました。
70

『G410 LST ドライバー』は……飛びます。

方向性の安定感があったのは「TENSEI CK Pro Orange 50」でした。

シャフトは「ALTA J CB RED」のSフレックスで、長さは45. 見た目は、他の G410シリーズと似ています。

The default standard length with the PING Tour 65 shaft is 45. 振れば振るほど強い弾道で飛んでくれそうです。

今回試打した3つのシャフトの中では飛距離は「ALTA JCB RED」が最も出ました。

豊富なシャフトバリエーション ALTA J CB RED[X、S、SR、R] 球が上がりやすく、LSTでもやや高めの弾道で打ち出したい人に最適。

38