新政 酒造。

日本酒の魅力を高めたかっただけで、ブランド戦略のようなものはありません 長い年月によって育まれた素晴らしい自然が、心身の疲労を癒やしてくれました
本多 「十四代」(山形・高木酒造)を最初に飲んだときも感動ましたけれど、「石田屋」のほうがほのかな香りが立つというか 純米大吟醸 佐藤卯兵衛【純米大吟醸酒】• 低精白とは思えない、果実味の豊かな味わいです
伝統の上に新たな伝統を築き上げることが、伝統を継続するために必要なことであることを、私は、あの時の「醸し人九平次 純米吟醸 雄町」から学んだような気がします お金がないから、大手居酒屋チェーンで、安いボトルの焼酎をウーロン茶で割って、友達と朝まで飲んでいました
灘菊酒造の「純米大吟醸 MISAプレミアム33」 藤田 締めの3本目は、灘菊酒造の「純米大吟醸 MISAプレミアム33」です それをさらに特化した形で、「純米大吟醸」だけしか作らないという宣言のもとで「獺祭」の製造元である山口の旭酒造さんがたいへんな人気を博すようになりました
本格的に造りを勉強するなら、広島県の酒類総合研究所に行く必要がありました 私としては贅沢にもフラッペにしてシャリシャリいただきたいと思ってしまいました
今や日本酒は、各地の銘酒を揃えた飲食店が増加し、かつて敬遠していた若者や女性も加わり愛好家も急増中 電話番号:03-3971-2704• 甘酸っぱい飲み口に加えて、 爽快感いっぱいのシュワシュワ感は最高! 最初に感じる甘酸たっぷりのジュシー感が最後にはドライに切れます
今年はまだ実験的段階ですが、来年から本格的に無農薬の酒米栽培に取り組み始めたいです その場所が今、「限界集落」になっていて、耕作放棄地も少なくなく、このままだとこの環境が維持できなくなるかもしれない
35

藤田・ 石井 えぇー! 本多 そのときはハズレて。

これ、水みたいに飲めますね 藤田 ところで味は? みんな無言になってます。

何も加えず、何もしない「自然醸造」で作り出すワイナリー「ボーペイサージュ」オーナー)もそうですし、フレンチレストラン「レフェルヴェソンス」(麻布十番)シェフの生江史伸さんにも影響を受けています。

「ラピス」は、新政の基本的な味わいを表現する「定点観測」的な作品である。

結果的に、自ら家業を継ぐことにはなりましたが、それも「酒が好きになって、酒造りがしたくなった」という短絡的・趣味的な理由からでありました。

蔵を若手中心にして、やりたい酒を造ろうと思えば、普通酒と純米酒は両立できませんでした。

社名:有限会社伊勢五本店• それまで「山内杜氏」と呼ばれる専門集団が、冬の間だけ酒造りを行っていましたが、それでは会社に知識やノウハウが残りません。

67