着 床 出血 妊娠 し て ない。

出血量は 少ないことが特徴で、出血の色もピンク色っぽかったり、おりものに少し血が混じっている程度となります。

着床期に運動以外で控えたいこと 着床期には他にも気をつけたいポイントがいくつかあります。

また見分け方についても解説します。

見た目がよくて、発育が良好な胚盤胞のなかにも、染色体異常で妊娠がうまくいかないものが多くあることが知られています。

無理をせずにリラックスを心がけ、栄養と十分な睡眠を取り、半身浴などで体を温めることが望ましいです。

体の外からも中からも温めるようにすることがおすすめです。

妊娠率を高めるためにも、着床時期に限らず、生活習慣を見直したり、自分なりのリラックス法、ストレス発散法を見つけておくようにしましょう。

29