3 月 園 だ より。

先日、みんなでホールまで見に行きました。

行間、各コーナーの隙間を少し開けよう• 日中学んだことを「覚えたほうが良いこと」「忘れていいこと」に分けているのも夜の睡眠の時なのです。

長かった冬もようやく終わりました。

新型コロナウイルスに対応した文例 2021年も社会情勢としても新型コロナウイルスの影響が大きく、保育園や幼稚園から保護者へのおたより・クラスだよりでも伝えるケースがあると思います。

身体も大きく育っていますが、心の成長も著しい子どもたちですね。

・晴れた日の日差しに春らしい暖かさを感じる季節になりました。

この時期は体調を崩しやすいので、子どもたちの体調管理には十分配慮しながら楽しく過ごしていきたいと思います。

1歳児• 遊びの内容は、身体を使ってゴロゴロ寝転がる、埋もれる、かけあう• 「お友達の気持ちって・・・?」 どうでしょう、他にも色々タイトルになると思います。

87
ちらほらと蝉の声が聞こえてくるようになりました 泣きじゃくってばかりだったあの時、なかなか落ち着かなかった場面…いろいろな思い出がよみがえってきますね
「春になったらひまわりさん!」と進級への期待が高まる反面、甘えん坊な子どもたち 今年度も残りわずかとなりました
いよいよ今年度も残りわずかとなり子供たちは就学、進級に向けて期待で胸いっぱいの様子がうかがえます 園だよりができると、 各園の園長や副園長、主任などに確認をもらい、その人にOKがもらえると発行できるという流れだと思います
プール活動や夏祭り、七夕、お泊り保育など、例年実施している行事が多い月です 5歳児• 卒園や進級を控える子どもたちの1年の成長を振り返ると、感慨深いものがあります
自然の風景が1日1日変化していく季節です 年少さん・年中さんは進級、年長さんは小学校の入学への期待でいっぱいです
引き続きご協力をお願いいたします 書き出しで織り込んだ文例もご紹介しておきます
春の風物詩である桜を目当てに、子どもと一緒に春探しをしてみてくださいね 木々のつぼみも次第に大きくなり、芽吹きの瞬間を今か今かと待っているようです
子どもたちは暑さを吹き飛ばす勢いで、元気いっぱい外遊びを楽しんでいます \週2回、保育ネタを配信!/ ねらいの文例 0歳児• 「よろこんでくれるかな?」とお友だちの顔を思い出しながら作っていますよ
子ども達が新しい生活に向けて期待と意欲を持ってスタートできるようによろしくお願い致します 見出しを大き目に書いておくと、メリハリがついて読みやすくなります
あそびのイメージも広がってきて、それをお友だちと一緒に楽しむようになってきました 耳は小さな器官ですが、大切な働きをしているのです
この一年、子ども達が色々なことをできるようになっていて、成長を毎日楽しく見守ることができました 担任を持っている先生にとって「おたより」「クラスだより」の作成は悩みの種の一つ
来年度に向けての準備も少しずつ進んでいます 「明日、午後4時に いつ 外部講師による(誰が)保育原理の講義があるので(何故) 椅子テーブルなどの準備をしておいてください
園庭の木や花たちも嬉しそうに揺れています 時間や人数を調整するなど、コロナ対策や安全面への配慮をしながらの活動となりますが、引き続き保護者の皆様にもご理解・ご協力をお願いいたします
冬が過ぎ、春の到来が嬉しいですね 卒園を迎える年長さん、クラスが上がるみんな
\週2回、保育ネタを配信!/ 食育の文例 「食品の表示」• 〇〇組さんとの残り少ない時間を、大切に過ごしたいと思います 3月はいよいよ春の訪れという時期ですが、同時に卒園式や進級など年度の変わり目でもあります
「啓蟄」• 桃の花が咲くころに行われるので、「モモの節句」とも呼ばれています ご自分のお子さんの誕生会の日にちを確認しておいてください
84