天海 大僧正。

その女性は実は忍者出身の方なのでないかと思います。 82

天海は生前に日本での一切経(大蔵経)の印刷と出版を企図。

2代徳川 ひでただ を庇護 ひご し、1622年(元和8)江戸府内上野の地を寄せられ、ここにを創した。

その他にも根拠となるものが… 「慈眼」つながり 天海僧正はその死後、「諡号(しごう)」を慈眼大師と付けられ、日光の慈眼堂に祀られています。

それは歴史家さんの挙げられている「光秀は濡れ衣」の説に同感出来ます。

ただ問題であったのは、その他の援軍となるであろうはずの者達がことごとく 裏切った事です。

」 子供心にお福は、山崎の戦いでの兄の死を母親が自分の悲しみを慰めようと 死後の世界の仏の世界に兄は身を置いた事を、母親は言っているものであると勝手に 解釈していました。

その祖先は天下をも取ろうであろう大武将。

58