五 等 分 の 花嫁 119 話。

海回だけじゃ分かりにくい。

あとはどう結ばれるかがカタルシス最高潮になるシーン(最終回?)でしょう。

10
上杉さんとなら 同じものを見て、ただ同じ時を過ごしていけることへの喜び 旅館の凄いところにあるブランコ…私気になります! <こちらもどうぞ> いや、あれはちゃんとヒントになってるんだよ
風太郎が最後の一箇所に選んだのは、四葉の好きなブランコのある公園でした こんな、デート一つこなすことのできない未熟者の俺だが、それでも、お前の横に立って並べる男になれるよう精進する
長い時間と紆余曲折を経て、ついに風太郎と四葉、2人の想いは重なり合ったのでした あと四葉だとニ乃変装かな
前田は、この声はクラスの浅野じゃないか?と言い、さらに浅野が学祭中に他のクラスの子と付き合いだしたと言います その後、一人残されたマルオの所に勇也がきて、俺らも老けたもんだなとマルオに言います
出かける2人 四葉は他の姉妹に風太郎への想いを伝え、姉妹たちからの想いを受け止めることが出来ました そして2人は晴れて恋人となることが出来るのでしょうか? 119話の内容がわかり次第確定速報として追記していきますので、ご確認ください
姉妹に認められたあと、告白の答えを四葉が風太郎に話す展開があると思います 無言になる風太郎
ずっこけたし 三玖ちゃんは許さない 三玖ちゃんは許さへんで! 私たちのことは気にしないで付き合っていいんだよ
もう一回だけやり直させてくれと頼む風太郎ですが、私じゃなかったらの話ですけど!と四葉 そのあと2人は公園に来ます