お布施 の 封筒。

表書きには上記でご紹介した「お布施」「お車代」「御膳料」と封筒ごとに書きましょう。

blocks-gallery-image figcaption img,. また、お布施を包む用の封筒としてあらかじめ「御布施」や「お布施」のように文字がプリントされている封筒も売られています。

・袋に住所氏名を書くケースというのは、基本的には「中包み・中袋」を「外包みや奉書紙」で包むような場合に中袋に書くものです。

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 作法1 正しいお布施の入れ方とは? お布施は 僧侶への感謝の気持ちとして手渡す金品のことで、お葬式や法要などの際に用意します。

名前の書き方 お布施への正しい名前の書き方としては、喪主・施主のフルネームもしくは仏事を行った家の名前を記載するのが基本です。

包み方は地域事情によって異なる部分もあります。

blocks-gallery-item figcaption,. まずはお布施袋の表書きについてです。

葬儀や法事などの弔事を執り行う時は、寺院にお布施として金銭を捧げるのが基本です。

代表的な例では、浄土真宗では親鸞聖人の教えに基づいて、お盆に特別なことはしない風習になっています。 四十九日後は水引がない袋(無地・御布施と印字があるもの)を使用するとよいでしょう。 「御香典」の表書きは昔、葬儀の時の供物やお香を地域の人々が持ち寄り、お供えしていた習慣が今に残りお香をご仏前にお供えする代わりに「こちらをお香代にして下さい」という意味で使います。 また、御本山から本尊様を新仏壇に迎え入れる入仏法要やお墓を新設する建碑法要の際のお布施には紅白の水引を使うとされています。 香典とお布施は混同してしまいがちですが、間違えないようにしましょう。 お布施のほかに御膳料とお車代がある 僧侶を呼ぶ際、忘れてはならないものが 「御膳料」と 「お車代」です。 黒白の水引の付いた袋と使い方に大きな違いはありませんが一般的には、包む金額が 5万円以上の場合に使用します。
44