北斗 の 拳 シャチ。

。 序盤は一方的にやられるが、中盤から女人像の力を借りるなど奮戦する。 対戦型格闘ゲーム『』では登場こそしていないが、サウザーの対ジャギの試合開始前デモで「汚物は消毒せねばならんな」というセリフがある。 父・ ムハリ(声 - 沢木郁也)は、かつて赤龍党のリーダーとして天帝軍に抵抗していたが作中の時点では身体を病に蝕まれており、彼に恨みを持つゲルドの手にかかって最期を遂げる。 」の台詞がある。 『ケンシロウ伝』に登場。 しかしその腕でも同じく北斗琉拳を用いるたちには及ばず、愚者の面を被ってボロになりすまし、彼らを倒す機会をうかがっていた。 GOLANの優秀な子孫作りのため、各地から多くの女性を拉致し、歯向かう者への惨殺を繰り返した。 バットを息子のように育てる。
72

アルナ ジェニファーの祖父。

を酒と間違って客に勧めることがあるが、ケンシロウにオアシスの状況やGOLANの恐ろしさを伝えるなど親切な一面もある。

作中ではか弱い女性として描かれていたが、拳王軍にマミヤの村が侵攻された際にリンの勇気に触発されると、自らもボウガンを手に戦う姿勢を見せ始めた。

『天の覇王』の漫画版の最終回では、ラオウが行った拳法家から極意書を強奪していた件について「世紀末の中ではいつ失伝してもおかしくないので、集めた極意書をひとつにまとめて後世に残そうとした」と説明されている。

その後、ケンシロウとトキが北斗天帰掌の構えの後、手合わせをするのを目撃する。

断末魔の「 あべし! 秩序を忘れた荒野で自分たちだけは人らしく生きようとし、子供らが発見した瀕死のケンシロウを運び、街まで連れて行こうとするが、その直後にグルマの奴隷狩りに引っかかり、妻子共々ゲッソーシティに拉致される。