仮面 ライダー カブト ラスボス。

一度はZECTに協力してカッシスワームを攻撃したり、その後は自分を鎖で縛って自制しようとしたりと、本人なりに悩んでいたようであるが、最終的にはもう一度光を掴むべく、闇の中でも輝き続ける白夜の世界に行くことを決意。

94
血液型はA型 次回は11月2日に放送
能力 彼にや等の特殊能力は一切ない 劇中未登場だが天道によると未だ健在
」と告げて放逐した そのためか、よく店を留守にしては天道に店を任せ、ひよりと強引に2人っきりにさせることが多い
ガタックと連携をとろうとせず、あっさりカッシスワームに惨敗した無様さから、ついにザビーの資格を完全に失ってしまい、再び矢車の元へと戻る 腕部、脚部 それほど難しいポイントはなかった
ワームの中でも特に優れた知能と戦闘能力、冷酷性を持つ 間宮麗奈や乃木怜治の側近として付き従えるワームが擬態したを着ている美女たち
各ゼの音 - スジ・ガジ• 韮沢靖『仮面ライダーカブト 韮沢靖 ワームワークス GITAI』メディアファクトリー、2007年11月22日 絶望して泣き崩れる陸の真意を知った新は、彼を責めること無く、自らに託された使命を全うすることになった
常時体である為、全ての能力値で他のライダーを上回っている 更に特徴的な力が人間に擬態する能力であり、襲った人間の一切の記憶や人格・性癖・果ては内部構造や所持品まで完全にコピーし、コピー元の当人を殺害して入れ替わり、人間社会に紛れ込むという、非常に厄介な習性を持つ
これによって物語終盤には事実上ワームの頂点に立った ゼク() - 野勝美• しかし、アクション俳優になりたかったわけではない
99
36歳。 左腕先と右肩は新造となっている。 人間態時にものぞかせていたや砂鉄砲などの特殊能力を持つ。 天道や加賀美みたいなキャラクターの場合、 補佐役がいないと、うっとうしいだけなんですよ。 1年後には警官として生活を送っていた。 『』 ZECTとネオゼクトの抗争中に両組織の前に現われ、双方に自分を売り込む。 特徴 がいっていた。 彼のことを信用もしており、ある事情から全てのゼクターを集めようとする天道に、ドレイクグリップを大介から無断で持ち出し譲与したこともある。