国家 資格 一覧。

また国家資格には、 名称独占資格という分類も存在します。

特に独立・開業の場合は、特定分野の専門知識に精通していることに加え、 営業活動などにおけるビジネスセンスなども重要になってくるからです。

また調剤薬局となる店舗には、調剤室を設けなければなりません。

また、知的財産を侵害された場合、クライアントに対して今後の対策を助言したり、告訴の代理を行うのも弁理士の業務になります。

そのため、資格取得後も保健所が実施する講習会などを定期的に受講する必要があります。

(入試優遇以外に国家資格の一部科目免除も)• 歯科医師として 独立開業すれば年収1,000万円を超える可能性もあります。

(なくても独立できますが、あると便利) 高校卒業後に専門の機関で学習する必要がある資格です。

の3種類に分かれます。

(ビルメン業界では必須)• 平均年収は、企業に勤務した場合約470万円~626万円程度。

57

消防設備士(甲種・乙種) 消防設備士は消防士とは異なり、その資格を持つものは各建物や施設の防火設備(消火器・スプリンクラーなど)の設置、管理、メンテナンスを行います。

important;width:1px;word-wrap:normal! どこの業界、企業でも清掃分野は必ず必要であり、特に商業施設やビルが多い都心では注目されている国家資格です。

資格の概要 建築士試験の基本情報は以下の通りです。

特に定年退職者や主婦をターゲットにしています。

5~3ヶ月 取得者の年収目安 300~450万円 以前は、薬剤師だけが医薬品を販売できましたが、2009年に施行された薬事法改正によって登録販売者が創設されました。

医療・福祉系のおすすめ国家資格 高齢化に伴い、医療や福祉関連は需要の高まっている分野です。

72