親王 飾り。

女雛の別称ではありません。

それまでは、平台を配してお内裏様とお雛様を並べた親王飾りが主流だったのです。

男雛と女雛の2人が仲良く隣り合って座っている姿も良い感じですよね。

広島市中区昭和町11番21号• 男雛と女雛の間には、三宝(さんぽう)と呼ばれる台に、徳利(とっくり)のような形をした瓶子(へいし)が置かれ、熨斗(のし)のついた梅や桃の花が飾られています。

お子さまの雰囲気に合う親王飾りを取り入れて、笑顔あふれる初節句を 親王飾りの雛人形は、シンプルなインテリアを好まれる方、さらには省スペースなタイプをお探しの方などにおすすめです。

ご注文を確認しましたら、2営業日以内ににてお取引の確認と確定金額をご連絡致します。

段のある雛飾りに比べるとコンパクトサイズのものが多く、設置場所や収納場所を選ぶことなく気軽に取り入れていただけます。

81 75

箱と収納台が一体!だから収納が簡単!! もともとは親王飾りが主流だった! 段飾りが盛んになったのは元禄時代から。

そのようにシンプルな構成の雛人形であることから、省スペースな点も注目したいメリットです。

現在でいえば皇居にあたります。

「お雛さま」の「雛」は「小さくてかわいらしい」という意味で、雛人形のことです。

親王飾りを引き立てる小さな雛道具にも、一つひとついわれや歴史があり、お奥深いと感じるお雛さま。

そう、雛人形は天皇と皇后の結婚式の場面なんですね。

赤毛せんはおめでたい席で使われる毛織物の敷物で、赤い色には魔除けの意味があります。