モンスター マップ サイト。

ただ、弁護士費用などの経費を考慮すれば、泣き寝入りとなってしまう可能性もあるという。

上記リンクからフォームで通報可能と聞きました。

直近の情報を載せているだけ? 「自己破産・特別清算・再生データベース」が破産者マップやモンスターマップと異なる点は、2019年8月1日以降の情報しか無いことです。

必要であれば、下記の記事の方法で適切な弁護士にご相談ください。

官報に掲載されたデーターを地図上に見える化させたものですが、破産者となってしまった方々からクレームが寄せられ、弁護士などが動き結局自らのサイトが破綻してしまったわけです。

そもそも公になっている「官報」をまとめたものなので、公開することには何ら問題はないように思えるのですが、どうやらそのデーターを利用し、わかりやすくしてしまったという点に様々な問題があるようです。

ただし、侮辱行為が成立する可能性はあります。

両サイトともサーバー事業者の拠点が海外にあり、運営者の特定は出来なかったが、問い合わせフォームやサーバー事業者などを通じて今年4月に両サイトを閉鎖するよう勧告した。

サイトにGoogle等での検索方法は記載してありますが、そこまでする人は少ないのではないでしょうか 「破産情報を出されて就職できなかった」「周りにいつ気づかれるか不安」など、少なくとも数百件の相談が寄せられた
ゆえに、どこまでが「フィクション」なのか、そも線引きはわかっていません その新エピソード「EPISODE:ILUSION~賢者の遺産~」について、11月11日よりD-liste内のデータ追加・更新を開始し、11月15日22時50分時点で公式サイト上に掲載されている追加・修正情報に関しては、D-listeへの追加対応完了しました
一体どのようなものなのか 「不正指令電磁的記録」に関する罪 モンスターマップでは「ウェブマイニングプログラム」を導入したとされていますが、このようなプログラムの設置を「 不正指令電磁的記録罪」に問える可能性はあります
また、プライバシーを侵害され、精神的な苦痛を訴えたとして慰謝料請求の対象にもなるだろう」と指摘する 愉快犯• 「金は命より重い、サラリーマンも役人も命がけで金を得ている」とも記されている
モンスターマップの事を認知しても簡単には調べられないようになっているため相当に調べる理由がないと調べないと思います つまり、あくまでジョークのようなものである
以下モンスターマップ(自己破産マップ)で告知された内容 お知らせ 抵触の指摘がある個人情報保護法の件、命令対象のサイト名が不明です 少なくとも破産者の住所を公開したことがプライバシー侵害 プライバシー侵害になるかは公開の利益が公開されない利益を上回るかで決まります
個人情報保護委員会への通報 委員会は把握済み 個人情報保護委員会に電話で通報した際、既にこれらのサイトの存在は把握して対応を検討中とのことでした アップデート「INFERNO UPDATE:並行世界のヒメルメズ」について、4月13日にD-listeへのデータ追加を実施し、4月13日22時30分時点で公式サイト上に内のアップデート特設ページに掲載されている情報に関しては、D-listeへの追加対応完了しました
2