眞子 さま。

守谷さんの経歴は完璧で、文句のつけようのない好青年です。

宮内庁担当記者に経緯を解説してもらうと、 「今年の7月末というのは、小室さんが受験予定のNY州の司法試験が終わったタイミングに当たります。
結婚問題に関する発表の予定が延期となった背景には、この小室圭さんが出版する可能性があるとされる暴露本のことも影響しているようだ。 と、良く伝わる言事ですね。 秋篠宮家との会話も当然録音されていると見るのが筋だろう。 そのことを考慮するならば、紀子さまは結婚を容認したと理解して差し支えないでしょう。 しかし、それはこれまでの皇室のあり方とは一線を画すもの。
27
「ご自身が関与できず、問題は混迷を極めるばかり 結婚を前提にした交際をされるお二方なのだから、相談に乗るのは当然なのかもしれないが、 「小室さんにある種のうさん臭さを感じている国民が少なくないですから、解決していない金銭トラブルに眞子さまが首を突っ込まれてきたとみなされてしまうかもしれず、宮内庁としても本当に悩ましい展開のようです」 私が選んだ人が綴った文章 会見ではさらに、小室文書には佳代さんと元婚約者との間で話し合いをせずに金銭を渡して解決する選択を取らない方針が明記されているが、この方針について、「眞子さまの意向が大きかったと聞いている」ことが明かされた
そうなると外交カードは向こうの手にあるので、こちらから下手に動くことはできません なので結婚は破談にすべきです
TVで専門家が 【結婚後は、小室母子両方にも 数年間は、警備が必要である】と言っていました また佳子さまは既に昨年3月のICU卒業文章において 『姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい』と述べられ、当初から結婚を認める立場です
もちろん 『できる限り』という五文字がはいっていますから、現状のままで認めるということはないと思いますが…」(小内誠一さん) 小室圭さんが送った「眞子さまの写真」とは このように秋篠宮家は公式見解の上で、結婚容認に向け大きく舵を切りだした—— このような不穏な動きに紀子さまは戦慄して、今回は『長女の気持ちをできる限り尊重』と述べられたのだと思います」(宮内庁職員) 紀子さまを驚かせた「眞子さまの写真」とはどのようなものだったのか? だがこれは極秘事項であるらしく、秋篠宮ご夫妻と、加地隆治皇嗣職大夫、石井裕晶皇嗣職宮務官長の四名しか知らないという
また最近では結婚が破談となった場合に小室圭さん、もしくは小室佳代さんが暴露本を出版するのではないか、という懸念も囁かれているため、容易に破談の決定を下せない状況にあるようです」(皇室関係者) また近頃では、眞子さまが小室圭さんが眞子さまや紀子さま、秋篠宮殿下などとの会話をテープで録音していたことを紀子さまに打ち明けたという なぜなら紀子さまが9月11日の誕生日に発表した文書中で 「長女の気持ちをできる限り尊重したい」と親心を滲ませたからだ
62