マイル 22。

ジェームスは、側のビルへ逃げ込むようにアリスとリーに命令し、怪我を負ったダグを車から支えながら降ろす。

インドカーなる国でのタレこみで都市部6つ分は吹っ飛ぶ威力のセシウム発見のため、カギを握る重要参考人の亡命ならびに護送をすべく立ち上がった特殊部隊がオーバーウォッチ作戦を敢行するも、22マイルという長く険しい道のりは生死をさまようほど過酷で悲惨なものだった。

マーク・ウォールバーグのキレキレな演技が必見! ピーター・バーグ作品には、本作で4回目の主演となるマーク・ウォールバーグ。

16ヶ月後、東南アジアの国家インドカーにて部員のアリスが得た情報をもとに作戦行動をするもセシウムは得られず、カービン銃とムンクの絵だけであった。

チームは7人、二台に分乗して進むも、すぐにインドカー政府の諜報員のバイク部隊に襲われ自動車と部下4人を失ってしまい、 近くにある隠れ家(レストラン)に入るも、そこにも敵はやってくる。

モスクワではヴェラをリーダーとするロシア諜報機関が飛行場より秘密任務を開始するようです。

無料登録の入力項目が少ない• 自宅に戻るシルバはリーの写真を前にリベンジを誓います。

肉と肉ががっぷり四つです。

87 34
ジェームズ・ビショップ(ジョン・マルコヴィッチ) オーバーウォッチ作戦の陣頭指揮官 アメリカ大使館から飛行場までの22マイル(約35.4キロ)を車で運ぶ、リーを飛行機に乗せるまでの10分間でディスクのコードを聞き出しセシウムを見つけるということになります
警察無線を聞いていたオーバーウォッチの技術チームは、カフェが在る地域一帯に退避命令が発令された事を探知し、ジェームスに伝える かっこよくない
そこへ再び鬼上司シルバがゴムパンパンしながら登場 ジェームスの車を運転するダグは、接近してきたオートバイを避ける事に成功
キング: ()• 母である彼女は個人の復讐を成し遂げるため、リーを派遣し息子を殺した「オーバーウォッチ」を破滅させることが目的だった バイクで追いかけるアクセル達、シルバとダグラスがアクセル達を戦い、アリスはリーを連れてマンションに避難します
『マイル22』を観た感想 息もつけない連続シーンで、プロットが詳細でよく練られた非常に楽しめる作品 シルバ達は現場で待機、 マザーと呼ばれる上司と通信チームは、とある部屋でPC業務を行うことで作戦を円滑に進めるという完璧な作戦なのであります
そこまで大事な人物なら、ということで米大使館は米国本国へリーの身柄を送ることにする 一方、3000km離れた本部ではコンピューターが何者かにハッキングされる事態に
ところが、本作の主人公シルバが生き残ったのは、生き残るポジションだったというだけで、戦闘力はそこまで関係ない感じ
まったく意識はしていないものの、このコンビの作品は全部観てた ジェームスの指示でサムやダグもアリス達に加わり次々と住人を取り押さえ歯型や指紋を取り、更に口からDNAを採取する
: ()• なんですかやばたにえん、て 解説 「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」「パトリオット・デイ」に続き、マーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督が4度目のタッグを組んだアクションサスペンス