四条 栄美。

参考 [ ] 出典 [ ]. (1981年、東宝) - 大風呂敷専吉• 1948年12月、結成当時の松竹新喜劇のメンバー 前列左から4人目二代目渋谷天外、5人目曾我廼家十吾、6人目浪花千栄子、7人目曽我廼家鶴蝶 中列左から4人目(天外の後ろ)曾我廼家五郎八 後列左から5人目藤山寛美、後列右から4人目曽我廼家明蝶 旗揚げは、で行った。

旧知の者や舞台関係者にはお酒やお茶ではなく、彼が愛飲していたミックスジュースを作り、舞台裏で振る舞う事もあった。

ちなみに、上記の借金は19年目に完済された。

これに対して、榎本は「ちゃんと一本の筋を持っている。

上には勝浦さんや酒井さん。

58
顔がのと似ているので、自宅のソファーで寝ている時「岡田、岡田、お前が打たへんから阪神負けたんじゃ! (1963年、松竹) - 三公• 2013年11月には五女・美千留 の長男で孫のが「藤山扇治郎」の名で松竹新喜劇へ入団。 (1964年、松竹)- 宮さん• 一度共演したかったし、うれしかったが、正直言って堅くなりました」と述べている。 さらに1971年に開始した「阿呆まつり」1972年の「リクエスト公演」など話題作りに力を入れるなどプロデューサーとしても腕をふるった。 「所属事務所、芸種の枠を超え、アホばっか集めておもろい事しよう」と、当時人気だった「」にちなんで「フール・ファイブ」(フールはアホの意)を結成。 解放された後はでキャバレーのボーイや靴磨き、芝居、ブローカーなどをしながら生き延び、1947年(昭和22年)秋に帰国。
83