F1 スポーツ ナビ。

衝突の結果、コース上に大量のデブリが散らばり、レースは赤旗中断となった。

またどちらのチームも多額の費用をかけてマシンを修復しなければならなくなった 僕はポジションを守るという自分の仕事をしていた
一方で、レースをしている時、僕は(相手に対して)敬意を持っている 当たり前のことだ」 [オートスポーツweb ]. 僕は常にスペースを残していた」 「僕の考えでは、そんなことはしていない
「僕は突然動くようなことはしなかった レースはメルセデスAMGのルイス・ハミルトンがポールポジションのシャルル・ルクレールを序盤に交わしてトップに立つが、タイヤマネージメントに優るマックス・フェルスタッペンがピットストップを遅らせて前に立つ
ここで2位ハミルトンが好発進を見せるもののターン1のブレーキングで止まりきれずコースオフし最後尾へ 「とても小さな動きだったけれど、時速220マイル(約354. 2021年• ラッセルはタンブレロへと近づいていくなかで、ボッタスを追い越そうとして衝突した
2021年• それなのに彼はあそこで行ったんだ」 「あそこで行く選択をしたのは彼だ 3位にはピエール・ガスリーが入り昨年のイタリアGP以来の表彰台を獲得した
75
選択した日付の試合• ボッタスはこれを否定し、接触が起きた原因はラッセルにあると改めて主張した 可能な限りブレーキングを遅らせたら、彼も遅らせてミスをしてくれたんだ」 フェッテルはスタートから誰よりも長く18周目までタイヤを保たせてポジションを上げ、36周目のセーフティカーからの再開時にアグレッシブに攻めて3位に浮上
(米家峰起通信員). 予 は予告先発• しかし46周目にフェルスタッペンの左リアタイヤが突然バーストし激しくクラッシュ これでレースは赤旗中断となり、残り2周で再スタートが切られることとなった
「僕も知っていた マシンから降りた直後、ボッタスに近づいて怒りを示したラッセルは、ボッタスが急に「右に寄せた」ために、自分は追い越すためのスペースをなくしたとして、ボッタスはドライバー間の暗黙の合意を破ったと発言した
それは、すべてのドライバーが合意している紳士協定だ」とラッセルは主張した 本日の試合• レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレス(メキシコ)が移籍後初優勝を飾った
2位にはセバスチャン・フェッテルが入りアストンマーティンにチーム初表彰台をもたらした 昨年のサヒールGPに続き通算2勝目
ガスリーも最後にルクレールとの激しいバトルを制して3位表彰台を獲得した ペレスはそのまま後続を寄せ付けることなくトップで走り切って勝利を勝ちとった
彼のためにどいて、路面が乾いている場所を譲るようなことはしない ウエットからドライへと変化していくコンディションのなか、ラッセルは濡れて滑りやすい白線の上にタイヤを乗せたことでコントロールを失い、ボッタスのマシンの側面に接触
これが効いて2位表彰台を獲得した ルイスはずっと速くて彼からプレッシャーを受けていたし、再スタートではルイスが好加速を決めて並びかけてきたけど絶対に譲りたくなかった
6月7日(月) 試合はありません 6月8日(火) 8 -3 17:45 メットライフ 勝: () 敗: () 7 -4 17:45 ZOZOマリン 勝: () S: () 敗: () 2 -2 18:00 札幌ドーム 先: () 先: () 5 -2 18:00 楽天生命パーク 勝: () S: () 敗: () 3 -3 18:00 京セラD大阪 1 -1 18:00 PayPayドーム 6月9日(水) - 17:45 メットライフ 予: () 予: () - 17:45 ZOZOマリン 予: () 予: () - 18:00 札幌ドーム 予: () 予: () - 18:00 楽天生命パーク 予: () 予: () - 18:00 京セラD大阪 予: () 予: () - 18:00 PayPayドーム 予: () 予: () 6月10日(木) - 17:45 メットライフ - 17:45 ZOZOマリン - 18:00 札幌ドーム - 18:00 楽天生命パーク - 18:00 京セラD大阪 - 18:00 PayPayドーム 6月11日(金) - 17:45 メットライフ - 17:45 ZOZOマリン - 18:00 札幌ドーム - 18:00 楽天生命パーク - 18:00 京セラD大阪 - 18:00 PayPayドーム 6月12日(土) - 14:00 札幌ドーム - 14:00 楽天生命パーク - 14:00 メットライフ - 14:00 ZOZOマリン - 14:00 京セラD大阪 - 14:00 PayPayドーム 6月13日(日) - 13:00 楽天生命パーク - 13:00 メットライフ - 13:00 京セラD大阪 - 13:00 PayPayドーム - 14:00 札幌ドーム - 14:00 ZOZOマリン• マックスはとても良いレースをしたし彼が優勝に相応しいから申し訳ないけど、僕らにとって素晴らしい1日になった 裕毅も良いレースをしたし、今夜はチームのみんなでお祝いができれば良いね」 角田裕毅は堅実な走りで7番グリッドスタートから赤旗中断の段階で6位につけていたが、再開後にランド・ノリスとフェルナンド・アロンソに抜かれて7位フィニッシュとなったものの自己最高位となった
ペレスも2位に上がってハミルトンを抑え込みレッドブル・ホンダ勢は完璧なレース展開を見せる 先 は先発. あそこをすでに何度も走っていたのだから」とボッタスは語った